活動実績

食品衛生法改正公布から3年の時を経て完全施行

今年6月1日から
ほぼ全ての小規模飲食事業者の方々に
衛生管理契約書や重要管理計画書の
作成と実施、その記録が義務化となります。
※飲食店に限らず、ほぼ全ての飲食関連事業者が
 対象となります。

HACCPとは衛生管理計画と重要管理計画の
作成と記録保存を実施する食中毒防止などを
目的とした管理手法のことです。

今回の法改正はHACCPが完全義務化となり、
いわゆる努力規定ではなく強行規定となります。

ですので、あまり横着に構えていると
最悪の場合、業務停止などの措置もありえます。

その内容は決して難しい内容ではありませんが、
一定の知識の習得と行動が必要です。

全国の現場からは下記のようなお悩みをお聞きします。

✓人手不足だし・・・。  
✓時間も費用もない!
✓コロナでそれどころじゃない。
✓どのように進めればいいのかわからない!

そのようなお悩みの飲食店の方に
僭越ながらお勧めしたい拙書の紹介となります。

1冊目は今年の3月12日に
日本橋出版から発売された

「HACCP(ハサップ) を逆利用してガッチリ
 持続可能な繁盛飲食店になる! 」
というタイトルの本です。

義務化となったHACCPの対応を
逆利用(活用)してコロナ禍でも影響の少ない
繁盛店を構築できる!ということを
お伝えしたくて執筆した本です。
(実際に現場で検証済み)

まずは、HACCPをより短時間で簡単に
保健所にも納得してもらえる計画書の作成方法
を習得してもらい、
飲食業の未来のあるべき姿やSDGsとの関連や
売上アップや接客力アップのヒントなども
盛り込まれた内容になっています。

飲食店経営者の方や店長にお勧めしたい1冊です、
アマゾンで購入できます。

次の1冊は、
4月16日に同文館出版から発売された
ロングセラーの人気シリーズ第4弾
「お客様の信頼を生む
これからの飲食店 衛生管理の教科書」
というタイトルの本です。

こちらは各分野の専門家の共著ですが、
これからの飲食店マネジメントの教科書
これからの飲食店 集客の教科書
これからの飲食店 数字の教科書

の第4弾となります。

累計5万部以上の人気シリーズですので、
飲食業の方はご存知の方も多いかもしれません。
4月19日の日経新聞1面記事下でも紹介されます。
アマゾンで購入できます。

どちらも読者特典として、実用新案取得の
「日めくり管理記録カレンダー」が無料で
ダウンロード入手できます。

ご知り合いの方に飲食店の方に
ご紹介頂ければ嬉しいです。

よろしくお願いします。<(_ _)>

相続・遺言関連
土地や建物等に関する不動産関連
契約書作成等の民事法務関連
会社設立・支援関連
開発許可申請・農地転用許可申請等各種許認可
在留資格認定申請等渉外業務関連
※弁護士・司法書士・土地家屋調査士・税理士など、実績ある士業の方々と連携したワンストップ・リーガル
PAGE TOP