活動実績

リテールHACCPとSDGs

もっと楽しく!簡単に! 全国に拡げよう!食の安心と安全の輪!

2020年のアクションアジェンダ(行動指針)

元旦に今年の自分の基本的な行動指針を「整理」としました。
私の「整理」の意味は
➀業務の整理
(3年後を見据えた優先順位の絞り込み)
②知識や過去の経験の整理
(バラバラになっているブロックを体系化する)
③自己投資と断捨離
(執着を捨てる。不要なモノを減らして筋肉質になる。
自身の質の向上とあるべき姿に近づくために心の平穏・運気向上を図る)

そんなイメージを掲げました。
そこに関連させるわけではないですが、以前から自分史などを活用して
一定の成果を上げてきた「意識改革」についてクライアント先で
話した内容を書いてみました。

「意識改革」と簡単に言うけれど・・・。
意識改革は実際には死ぬか生きるかに遭遇しないと
なかなかできないことですが。
別の方法で可能な場合があります。

あるべき姿を「接客で自分も成長し、
お客様が喜び、価格に関係なく、
ずっと来店してくれるお店と自分」と定義した場合、
そのあるべき姿へ向かっていくためのギャップを
どう改善していくかなど、
具体的な道筋が見えてきます。

そのあるべき姿が明確になると「自分軸」ができます。
自分軸ができるとぶれなくなります。

目的が定まると…

→ぶれない状態になる(=軸ができる)。

→目的達成までのギャップがイメージできるようになる。

→そのギャップを埋めるには
 どうすれば良いかの思考になる。

→様々な想像力と創造力を活用しだし、
アンテナを張るようになる。

→想いが実現していく!(思考の現実化)
それを奇跡などと言ったりすることがあります。

あるべき姿がハッキリして、
軸がブレずに!信念を持って、コツコツ、歩み続けると…
目的地に到達できる!=意識改革が出来ている状態です。

意識改革は実際には死ぬか生きるかに遭遇しないと
なかなかできないことですが、あるべき姿に向かって
習慣化の連続でも意識改革ができることを過去の美容院さんの
ご支援で私も気付かされた経緯があります。

そして、ぶれない自分軸をもってあるべき姿に到達するための
ギャップを解決するために航海図という概念をイメージします。

航海図はナビのように案内されたとおり進めば目的地に到着する
イメージではなく、航海の際には予測もしない雨風や波の発生も
あります。大方の予測はしながらも予測しなかったことを解決して
いくことで、問題解決能力が蓄積されて人間力も強化されていきます。

相続・遺言関連
土地や建物等に関する不動産関連
契約書作成等の民事法務関連
会社設立・支援関連
開発許可申請・農地転用許可申請等各種許認可
在留資格認定申請等渉外業務関連
※弁護士・司法書士・土地家屋調査士・税理士など、実績ある士業の方々と連携したワンストップ・リーガル
PAGE TOP